一流の社員大工・監督育成塾

ニッポンの匠を目指す 若きサムライたちへのメッセージ サムライビルダー紹介

先輩大工職人のインタビュー 田中勇亮(西和不動産販売 株式会社)

幼少期からの憧れを現実に

最初は憧れでしかありませんでした。小さいときに、近所で棟上げ(上棟、建て方とも言う)をしている大工さんを見た事があったんです。その時の大工さんを見て「かっこいいな」と思ったのをよく覚えています。小学校の卒業文集にも将来の夢に「大工」と書いてあったので、その頃からやっぱり大工になりたいと思っていたんでしょうね。

大事にしているもので大切なものを造る

作業の中で一番大事にしているのは「見えるところも見えないところも丁寧に」です。その家で生活すると見えるところ、壁や床はもちろん、完成すると目に触れない屋根裏や床下なども丁寧な仕事で作っています。お施主様の家を丁寧に造るのは当たり前のことですが、それを実現するために整理整頓、安全管理、事前の段取りなどが大切になるんです。整理整頓をすることで現場をキレイに保ち、安全管理で怪我なく作業に遅れを出さないようにし、事前の段取りで次に必要な道具や材料を準備して備えることをいつも心がけています。私は自分の使う工具をすごく大切にしているのですが、こういった工具はちゃんと手入れをすれば生涯使っていけますし、大事にしている道具で、お施主様の家を一軒一軒大切に作っています。そして最後に仕事が終わってお引き渡しをしたときにお施主様の喜ぶ顔を見ると、大工をやっていてよかったと心から思えます。

自分で道を切り開く

大工だからと言って、家を建てるだけが仕事ではないんだと最近感じています。大工の技術を知識として、お施主様や現場を見学に来たお客様に説明が出来れば営業に近い仕事も出来ます。そういう方向で仕事の幅が広がるのも大工の形だと最近考えるようになりました。大工だからといって造ることだけにこだわる事なく、視野を広く持った「何でもできる大工」を目指しています。これから大工を目指したり、憧れている人にお伝えしたいのですが、最初はどんな仕事だって大変です。でも、大工は体力を使いますし、技術を身につけるのも簡単ではありません。それでも、仕事をこなして、やれることが増えてくると楽しくなるし、やりがいを感じるはずです。私も初めて一軒を一人で完成させたときは達成感と充足感に溢れていました。他の仕事では得られない経験が出来るのが大工という仕事だと感じています。

先輩大工職人に聞いてみました

大工塾へのお問い合わせ・エントリーはこちら

大工塾をサポートする育成支援工務店