一流の社員大工・監督育成塾

ニッポンの匠を目指す 若きサムライたちへのメッセージ サムライビルダー紹介

先輩大工職人のインタビュー 山田祥一郎(株式会社 いのうえ工務店)

正確に、計画通りの仕事の為に

幼少期からの夢だった大工になって、様々な道具を使ってきました。鋸、金槌、工程によって使用する道具はたくさんあります。その中でも僕が一番重要視している道具が「鉛筆」です。直接家を建てるのに使用するわけではありませんが、鉛筆を使って線を引き、印をつけることで正確な仕事が出来ますからね。家を建てる上で正確な仕事というのはとても大切です。数ミリの誤差でどんな欠陥に繋がるかわかりませんから、作業するときに「鉛筆」は欠かせない道具です。それに何よりも、計画通りに作業が進むと気持ちが良いですから。

常に上を目指せる職場

上には上が居る大工の世界はとても魅力的でした。先人の大工さんもそうですし、昨日の自分にだって負けたくない。そんな気持ちで頑張ることが出来ます。前回作った家よりも更に良いものを作りたい、お施主様に提供したい、終着地点のない向上心で日々の作業に取り組んでいます。そうして作り上げた家を引渡して、お施主様が笑顔になってくれたとき。大工としてこれ以上の達成感を感じる瞬間はありません。

己の信じる道を

これから大工になりたいと考えている方々、不安や心配があると思います。やっぱり大変な仕事なんじゃないのか、辛い事が多いんじゃないだろうかと。もちろん苦労はあります。僕も昔の自分に声をかけられるなら「苦労するぞ」と教えてあげたいですから。でも、その苦労をしてでも大工という仕事は胸を張って誇れる仕事です。最初は誰だって不安だし慣れないものです。失敗だってあると思います。自分の足に釘を打ってしまったり、寸法が合わずやり直しになったりもするでしょう。それでも、そうして建てた家全てに思い出が詰まっています。苦労に見合ったやりがいのある仕事だと僕は思っています。

先輩大工職人に聞いてみました

大工塾へのお問い合わせ・エントリーはこちら

大工塾をサポートする育成支援工務店