一流の社員大工・監督育成塾

超一流の大工を目指す人へ

西和不動産販売 株式会社 会社写真

お問い合わせ先
電話番号:077-554-0880
メールアドレス:info@seiwa2103.co.jp
担当者:宮嶋 秀司までご連絡ください。

大工塾をサポートする育成支援工務店

西和不動産販売 株式会社 ロゴ

滋賀県栗東市に本社を置き、「心」を理念の根本に据える会社。「家を創ることは、ふるさとを創ること」を念頭に、家を建てたご家族とはもちろん地域の人々とのコミュニティを大切にしています。建てる家も安全と安心を第一に定期点検などの充実のアフターフォローを心がけています。

大工塾へのお問い合わせ・エントリーはこちら

西和不動産販売 株式会社ホームページを表示します

西和不動産販売 株式会社 施工例写真

「家を売る」というより「暮らしを提案する」という考え。

西和不動産販売では、「家を建ててからが本当のお付き合いである」と考えています。
お引渡し後のオーナー様の暮らしを大切にし、長きに渡り人生の苦楽を共有するハウスパートナーでありたい。そんな想いから私たちは、オーナー様との絆づくりを大切にしています。私たちは、家を創るということはふるさとを創ることだと考えています。家族が集い成長し、絆を深めていく家。地域の人々との縁を結んでいくコミュニティ。そして、安心して日々の暮らしをおくっていただく。「この家を創って良かった」「この街に住んで良かった」と思っていただける住まいをご提供したいという願いこそ、私たち西和不動産販売の原動力となっています。めまぐるしく変化していく社会環境により、ライフスタイルや住環境に対する意識も変わりつつあります。特に、東日本大震災以降、住まいに安全性を求める声が高まり、私たちも住まいに対する価値や意識を改めなければならないと痛感することとなりました。本当の顧客満足とは何なのか。それを追求した結果、私たちに求められるのは社会環境や時代に合わせることではなく、「時代を先取りする」ことではないかという考えに辿り着きました。今後は、お客様のご要望にお応えすることに加え、新しいライフスタイルや住環境、安全・安心な住まいをご提案する必要があると考えております。その考えの根本となるのは、最先端技術でも豊富な実績でもなく、やはり「心」です。「何年経っても変わらぬご満足をご提供するために、お客様の心に寄り添い、心でお応えしていきたい」それが私たちの願いであり、喜びなのです。西和は「家を売る」のではなく「暮らしを提案する」という意識でお客様と接しています。そして、暮らすほどに満足していただける家づくりを目指します。

会社概要
設   立
昭和63年1月
代表取締役
福島 正義(ふくしま まさのり)
社 員 数
24名
本   店
滋賀県栗東市上鈎459-7
モデルハウス
グリーンパーク南草津(滋賀県草津市南笠東三丁目)・グリーンパーク西河原(滋賀県野洲市西河原2675-8)
     
野洲リバーサイドタウン(滋賀県野洲市竹ヶ丘14-7)・きららの杜(滋賀県栗東市下戸山1097-74)
     
グリーンパーク蜂屋(滋賀県栗東市蜂屋900-8)・グリーンパーク水保(滋賀県守山市水保町1215-13)
営 業 所
イエしが<中古部門>(滋賀県草津市大路2丁目14-7サンサンビル1F)
     
南草津店<リフォーム部門>【西和ホーム、関連会社】(滋賀県草津市東矢倉4丁目1-2)

西和不動産販売 株式会社 代表取締役社長 福島正義

お客様の思いを形にする

私どもの会社は分譲住宅を中心に、滋賀県分譲住宅顧客満足度No.1企業を目指しています。その為に一流の現場塾を勉強し、非常に良い現場が出来るようになってきました。弊社の設計・施工スタッフはもとより、大工さん・職人さんが本当に丁寧に一流の現場を作ってくれています。また、弊社はお客様のイメージを、家というこれから住まわれるそして生活を支えるものをしっかり作れるように日々研鑚し、お客様の思いをできるだけ形にするよう邁進しています。この品質を持ってお客様のこれからの住宅づくりに寄与していきたいと思っています。

子供が安心して遊べる光景を

私は2代目社長で、父が創業者です。当時、父が住宅関係のサラリーマンをしており、そこから独立して今の会社を作り上げました。私自身は、父のサラリーマン時代の住宅現場に連れて行ってもらったりもしていましたので、小さい頃から家に携わるのは普通の出来事でした。自然な流れで私もこの仕事に就くことになったのですが、会社に入社して間もなく特に感動した出来事がありました。父と現場を見に行く事があったのですが、そのときに風景を眺めていると小さい子供達が遊んでいたんです。ちょうど夕暮れ時でした。その子供達が安心して遊んでいるのを見ていて「良い光景だ」と、朗らかな気持ちになれたんです。そのときに家造りっていいなぁ、となんとなく思ったのが最初です。そういった思いから良い家を作っていきたいという思いがどんどん強くなっていきました。

地域に「一流の現場」を浸透させる

弊社では今現場に力をいれるため「一流の現場塾」に参加しています。弊社の協力会社さんが4社あるのですが、正直に言って品質のばらつきがありました。しかし、「一流の現場塾」に参加したことで、全社に対して「こうすればいい」という基準を設けられるようになりました。みんなで切磋琢磨しながら毎日少しずつレベルアップするため一生懸命に取り組んでおります。その努力の甲斐もあり、お客様からの反応にも変化がありました。非常にきれいな現場と言って頂けることが多くなり、近所の方からも「清掃をしっかりしていただいて助かっています」というお言葉を頂けるようになりました。弊社の一流の現場が少しずつ周囲に浸透しているのかなと思います。後はクレームの件数が変わってきました。まずクレームの起こる原因というのは何点かあると思うのですが、やっぱり最初に作った精度が一番重要な部分となります。みんなと安全パトロールを行ったり、常に高品質の施工の方法を研究したり、色々な情報をいただくことで精度、品質は確実に高まってきています。その結果、やはりクレーム件数は減ってきていると感じます。今まで単純な見落としからのクレームなども少なくなかったのですが、そういう見落としもなくなってきました。

また来たいと思える現場に

弊社は三十年滋賀県の地域でお仕事をさせていただきましたが、ここ二,三年で現場に目を向けて力を注いでいる状態です。そういった我々の姿、一流の現場、素晴らしい家というのを是非ご覧になっていただいて「西和不動産の言っていることは本当だ」と感じていただきたいです。一度来ていただければ「また見に行きたいな」と思って頂ける現場になっていますので、是非お越しください。きっと満足していただける現場を体験して頂けると思います。お客様の本当の満足を得られるための家造りを、これからもしっかり行って参ります。これからも弊社にご注目ください。

大工塾へのお問い合わせ・エントリーはこちら

大工塾をサポートする育成支援工務店