一流の社員大工・監督育成塾

超一流の大工を目指す人へ

株式会社 工房夢蔵 会社写真

お問い合わせ先
電話番号:024-931-1777
メールアドレス:tatu@yumekura.net
担当者:吉田 達夫(よした たつお)までご連絡ください。

大工塾をサポートする育成支援工務店

株式会社 工房夢蔵 ロゴ

福島県郡山市にある社員二十名の工務店。郡山を中心に車で一時間の範囲を営業エリアに年間棟数二十四棟ペースで運営しています。耐震・子育て応援・高品質・自然素材を主軸にサービスをご提供しています。特に自然素材にこだわった家づくりに重点をおいており、「昔から日本に根付く家づくり」を勧めています。

大工塾へのお問い合わせ・エントリーはこちら

株式会社 工房夢蔵ホームページを表示します

株式会社 工房夢蔵 施工例写真

木のもつ豊かさ、美しさを生かした住まいをお客さまへ。

夢蔵の家づくりは、おうちをつくるためにトコトン打ち合わせをすることです。夢蔵スタイルでお話を重ね、お客さま好みのカスタマイズでおうちをつくっていく。ご家族の住まい方を共に考え、プロとしてのご提案やアイデア出しを重ね、共に作り上げていく事こそ、楽しい家づくりなのだと考えています。私たちは、自然素材派のこだわり住宅に力を注いでいます。住む人の心を、深いやすらぎと快さでつつむ自然が生み出した素材(木)。 この素晴らしい 「木の可能性や、木のもつ豊かさ、美しさ」を生かした住まいづくりで、家族のライフスタイルを快適で心豊かな暮らしにしていきたいと思っています。木は、自然が生み出した天然の素材。様々な利点がございます。例えば、紫外線の吸収率が高く目に優しい。木の床は適度な弾力があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない。さらに断熱性が高く感触、肌触りもよいなど、たくさんの特質を持っています。木という自然の素材が質感や風格だけではなく、住む人の健康や安全性や、地球環境への配慮からも、住宅に最もふさわしい素材であると考えるからです。住むヒトの心と身体を癒し、深いやすらぎと快さでつつむ自然素材にこだわった家づくりの魅力を、これからも未来に向かって丁寧にご提案してまいります。思えば、戦後の家づくりは高度成長の時代と共に、新建材と呼ばれる石油化学製品や自然素材に似せた、まやかしの材料による家が増えたのも事実です。忙しい日々を過ごしている多くの現代人にとって癒しは、木の香りや空間が生み出す憩いの場なのではないでしょうか?そんな本来持つべき豊かさを今後も追求しながら、家造りに取り組んでいきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

会社概要
設   立
平成2年5月9日
代表取締役
吉田 達夫(よした たつお)
社 員 数
20名
本   店
福島県郡山市富久山町八山田字三宝担6-1
モデルハウス
福島県郡山市富久山町八山田字尾池南地内(八山田第2区画整理地内)

株式会社 工房夢蔵 代表取締役社長 吉田達夫

設計事務所からのスタート

弊社は、創業が平成二年五月九日、今年で二十七年になります。当初は自分ひとりで設計事務所を行っておりました。半年ほど行っていると、前職で木内装工事を行っていたのですが、その時の仲間から内装工事を頼まれまして、木内装工事も行うことになりました。その体制で数年経ちまして、売上もそれなりに伸び、大工さんも二十人ほどいましたし、特に営業しなくても仕事がある状態が続きました。ところが、リーマンショックが起こり仕事の量が半分にまで落ちてしまいました。このままではいけないと思い、今まで以上に住宅事業に力を入れました。現在は従業員二十名、うち社員大工が五名です。営業エリアは郡山を中心に車で一時間以内に限定しています。年間棟数は約二十四棟で運営しています。

成長の先にある笑顔

我々の使命は、家造りを通してお客様とそのご家族の幸せづくりをお手伝いすることです。住まいに強い思い入れのあるお客様に心から満足していただきあなたと一緒に住まいづくりが出来て良かったと感じていただくためには、やはり社員一人一人の人間性が大切になります。その為にもまずは、社員が我が社で働くことが出来てよかったと思えるようにすることです。家造りを通して自らが成長し、人間性が高められ、生きがい・やりがいを持てる職場、社員満足が顧客満足に、顧客満足が社員満足に繋がるように、そして多くの人が笑顔になれる組織作りをしています。

幸せのお手伝いをするための三つの取り組み

弊社ではお客様の幸せづくりをお手伝いするために様々な取り組みを行っています。まず、地震に負けない家造りです。六年前に東日本大震災が、最近だと熊本地震もありました。安心して暮らすには、そして家族を守るためには地震に強い家が求められます。弊社では、一棟一棟個別に構造計算を行い、震度七にも耐えられる「耐震等級三」にこだわっております。次に、子育て生活応援住宅、こども動線の家です。例えば、お子様が学校から帰ってきて玄関を開けたら、靴は決められた場所に置き、そのまま、玄関ホールで手を洗いカバン、連絡帳を決められた場所に置きます。そういったルールを決めて、子供が効率よくお片付けや整理整頓、学習ができ、習慣化しやすいように工夫した動線計画の家です。最後に、高品質・自然素材の住宅、人に優しい家です。ZEH(ゼッチ)住宅にすることで電気代、石油代が削減でき、住まいを快適に維持することができます。また、自然素材を使うことで空気がキレイになり、温度や湿度などの空気をコントロールしてくれます。この三つの取組みを軸にお客様の幸せづくりをお手伝いいたします。

感謝祭でのふれあい

毎年一度、OB様向けに感謝祭を開いています。今までは屋外を会場にしていたので雨や風で問題が色々ありましたが、最近はビックパレットふくしまという広い屋内を会場に感謝祭を行っています。催し物は、飲食コーナー、手作り木工教室、プロバスケットボールのスポンサーについておりますので、そのチームの選手をお呼びしてバスケットボール教室を開いたり、じゃんけん大会を行ったりしております。特にこのじゃんけん大会が子供達にとても人気で、ステージに集まってくる子供達はとても楽しそうにしてくれています。それらに加えて、実際に木材を組んで模擬上棟式を行う取り組みも構想しています。お客様とは家を作ったときの思い出を話したり、最近はお客様同士も仲良くなっていただいています。この感謝祭を楽しみにしてくださっている方もいらっしゃいますので、今後も継続して参りたいと思います。

危機感からの転換

住宅事業を初めて、年間棟数が十棟になった頃から「今の仕事の進め方ではいけない」と思うようになりました。具体的には、現場をきれいにしたい、マナーも良くしたいという思いが強くなり「一流の現場塾」へ申し込みをしました。その結果、現場がとてもきれいになりました。 当社は「パナソニックビルダーズグループ」に所属しておりまして、北海道・東北エリアに六十四社ある中で環境整備部門において最優秀賞をいただきました。あと、当社には住宅事業に関するマニュアルがなかったので、安全や環境整備などのマニュアルを当社の若いスタッフが作りながら学べたのは人材育成という面でも役に立っています。また、社内検査があるのですが、その社内検査の結果を見て「これだけしっかりと検査をしている会社なら安心だ」と言って受注して頂いたこともありました。

日本の住宅業のために出来ること

大工さんは住宅において無くてはならない存在です。その大工さんが五年ごとの国勢調査で五万人ずつ減少しています。現在は全国で三十八万人まで減ってしまいました。そして、高齢化もかなり進んでいます。このまま減少が続けば、住宅建築が立ち行かなくなってしまいます。この減少に歯止めをかけて、そして日本の伝統技能を守るためにも、大工さんの育成に取り組まなければなりません。今までは不安定な環境で働かざるを得なかったと思います。天気のせいで工期が遅れる、時期によっては仕事が入ってこないなどありました。これからは安心して働ける、継続して能力を高められる、魅力ある環境づくりを目指して参ります。是非我々と一緒に日本の伝統技能を守っていきましょう。よろしくお願いします。

大工塾へのお問い合わせ・エントリーはこちら

大工塾をサポートする育成支援工務店